上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5歳の息子が一年くらい前に
『死んだらどうなるの?』とある日突然私に訪ねてくるのです
周りにだれか亡くなった人がいるとかではなく突然

私はそう問いかけてきた息子に何て言って説明すればよいのか分かりませんでした

それからずっと、そのことには触れることなく過ごしてきたのですが
また昨日

『ママもパパも死ぬの?』
『みんな死んだら一人になるのが嫌だ・・・』と。

どうしよう・・・

もう5歳
意思の疎通も出来てことばも理解できる上にあらゆることを
吸収していっているであろう息子に
『ママもあなたもずっとずっと死なないから大丈夫』と
曖昧な返事をすることができずに

生まれてきた人間、動物はいつかやがて死んでゆくのだと
彼が分かる言葉でゆっくり丁寧に説明していきました

話が終わると
息子、
泣いちゃったのです

そして

『おじいちゃんになりたくない』

『ママ、あばあちゃんにならないで』と

きちんと理解してくれたんだ
『死んでいく』という悲しさを5歳の息子はわかるのだと。

ホントは5歳のこどもに 『生まれてきたらいつか必ず死ぬ』と説くことが
良いことだったのかそれとも早かったのか、
今でも 自信がないのです

でも、こども自身が
疑問を母親に投げかけてきた今だからこそ
私は、できるだけ本当のことを 彼の分かることばできちんと説明しようと
思ったのです

涙を流す息子の頭をなでながら

 『生きること』
『死んでゆくこと』が

どれくらい大切なことか
忘れないでほしいな、と願うのでした



ランキングに参加しています  応援クリックお願いします♪
今年もクリックお願いします☆彡

←ポチっと左クリック!

人気ブログランキングへ←こちらもポチっと左クリック!









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://halucana11.blog85.fc2.com/tb.php/184-f7abba50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。